SDGsとは?〜簡単にでも知っておこう〜

SDGsとは?簡単にでも知っておこうstudy

「SDGs」というこの文字、もう見たことありますよね。

何だかよくわからないけど環境に良いことするんでしょ〜くらいに思っている方はまだまだ多いのではないでしょうか。

ごめんなさい、筆者はその類でした。

関心を持たなければ頭にも入ってこないものです。
でもふと「SGDs」って何だろ?と思ってしまい、調べることにしました。

ここではSDGsについて基本の基本を、簡単にざっくりお話します。
世間の話題についていける程度の知識を身につけておきましょう。

SDGsとは?

SDGs?と書かれた付箋

そもそも何??

読み方

SDGsは、「エスディージーズ」と読み、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。

「Sustainable」は「sustain(持続する)」と「able(〜できる)」からなる言葉です。

「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標であり、2015年の国連サミットで「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で掲げられました。

2030年が達成年限です。

17の目標と169のターゲット(具体目標)

SDGsロゴ

このロゴって見たことありますよね。

SDGsには17の目標があります。
何が書いてあるのか見てみましょう。

1  貧困をなくそう
2  飢餓をゼロに
3  すべての人に健康と福祉を
4  質の高い教育をみんなに
5  ジェンダー平等を実現しよう
6  安全な水とトイレを世界中に
7  エネルギーをみんなにそしてクリーンに
8  働きがいも経済成長も
9  産業と技術革新の基盤をつくろう
10 人や国の不平等をなくそう
11 住み続けられるまちづくりを
12 つくる責任つかう責任
13 気候変動に具体的な対策を
14 海の豊かさを守ろう
15 陸の豊かさも守ろう
16 平和と公正をすべての人に
17 パートナーシップで目標を達成しよう

169のターゲットとは、この17の目標をさらに具体化したものです。
例えば「1 貧困をなくそう」であれば、
①2030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。
②2030年までに、各国定義によるあらゆる次元の貧困状態にある、すべての年齢の男性、女性、子どもの割合を半減させる。
・・・・・・・といったように、各目標に細かく具体目標があり、それが169あるということです。

SDGsの歴史を簡単に

SDGsは、2000年に国連のサミットで採択された「MDGsエムディージーズ(ミレニアム開発目標)」が2015年に達成期限を迎えたことで、その代わりとなる国際社会共通の目標として、2015年に国連のサミットで決められました。

MDGsにも8つの目標と21のターゲットがあったのですが、その内容は先進国が決めていて、途上国からの反発があったり地域の偏りがあったりと、なにかと指摘があった背景から、SDGsは「誰一人取り残さない」という理念になったそうです。

個人は何をすればいい?

森の中の湧水

企業においては、日本経済団体連合会(経団連)の「企業行動憲章」の改定の際に、SDGsが盛り込まれたことから、SDGsの取り組みについて重要だと考えているようです。

<参考資料>
「企業行動憲章」日本経済団体連合会(経団連)


では私たち個人は何をすればいいのでしょうか?
17の目標だけを見ると、具体的に何をすればよいかわかりにくいですよね。

そこで169のターゲットを見てみると、自分自身に関連するものが見つかると思います。
農林水産省のHPが見やすかったので載せておきます。

・「SDGs(持続可能な開発目標)17の目標と169のターゲット(外務省仮訳)」農林水産省ホームページ

SDGsの目標とターゲット:農林水産省



例えば「6 安全な水とトイレを世界中に」といったものは個人の力じゃできなくない?と思いますよね。

この「6 安全な水とトイレを世界中に」につながりがある食品産業の中に「サントリーホールディングス株式会社」があり、取り組みとして自然体験プログラム水育「森と水の学校」を行っています。

「6 安全な水とトイレを世界中に」には8つのターゲットがあり、その中の「6.b」は「水と衛生に関わる分野の管理向上への地域コミュニティの参加を支援・強化する。」となっています。

つまり、私たち個人はこのような企業を通して、水について考え行動するだけでも、小さな力になっているのではないかと思うのです。

169のターゲットがあるので、一つでも行動できる何かがあると思います。
大きなことはできなくても、ほんの小さなことでも意識して行動するだけでもいいのではないでしょうか。

筆者はこれに興味を持った

食品ロスと書かれた看板と人形

賞味期限が近いものを安く購入して食品ロスをなくす。

これは一石二鳥ではないですかね。

テレビで時々やっていますよね。
賞味期限の近いものを安く販売しているスーパー。
いいなぁと思っても自宅近くになければわざわざ足を運ばないですからね。

だけど、ネット販売しているサイトがあるのですね。

「atara(アタラ)」

「atara(アタラ)」というサイトがあります。

「アタラ」とは「もったいない」という意味の古語だそうです。
賞味期限間近のものやパッケージの変更があったものなどの「まだ使える、まだ食べられる」のに訳あり商品とされてしまうものを会員に販売するサイトです。

社会から食品ロスや廃棄物を少しでも無くしたい!「atara(アタラ)」で買って社会貢献!

「atara(アタラ)」について

「atara」は、関西電力グループの「株式会社クリアパス」の支援を受けて、株式会社SynaBiz(シナビズ)が運営しています。

「atara」ってどんなサイト?

「まだ利用できる商品を、使いたい人の元へ 

そんな想いを実現した通販サイトを作りました」

出典元:atara

「atara」の取り組みに共感した企業(カゴメ、AGF、モランボン等々)から特別提供商品を会員にお届けすることで、廃棄の削減へ貢献することを目指しています。

SDGsでいえば「12 つくる責任つかう責任」を筆頭に、「1 貧困をなくそう」「4 質の高い教育をみんなに」「17 パートナーシップで目標を達成しよう」を掲げています。

また、協賛企業や会員と共に、日本赤十字社や日本動物愛護協会その他多くの支援団体への寄付も行っています。
お買い上げ金額の一部が支援先団体に寄付されるのですが、その寄付先を選ぶことができます。
7団体から選択するか、またはおまかせもできます。

会員であれば間接的ではあってもSDGsでみると、もっとたくさんの目標やターゲットについて行動していることになるので、安く購入して食品ロスをなくすという一石二鳥どころではないですね。

「3分の1ルール」という商慣習

「3分の1ルール」という商慣習があるってご存じでしたか?

例えば賞味期限6ヶ月の場合、
初めの2ヶ月 👉 メーカーが商品製造→→卸売→→スーパーに並ぶまで
次の2か月 👉 スーパーでの店頭販売
最後の2ヶ月 👉 賞味期限の2ヶ月前が販売期限のため店頭から撤去・廃棄(一部値引き販売)
となります。
つまり賞味期限はまだ2ヶ月先で、食べられる使える状態であっても、基本的には撤去や廃棄になるのです。

消費期限とは、腐敗や劣化に伴う安全性を欠くおそれがないとする期限です。
賞味期限とは、品質の保持が十分であるという期限であって、必ずしも食べられなくなるという期限ではありません。

この賞味期限を過剰に意識することから大量の食品ロスが生まれているそうです。
まだ食べられる使えるのにもったいないですよね。

ちなみに「atara」の商品には1ヶ月程度の賞味期限のものから、半年以上先のものまでいろいろあります。
いつも購入しているものがあれば即ゲットですよね。

SDGs検定

もっともっときちんと勉強したい方には「SDGs検定」があります。

直近では3月27日にWEB試験がありました。

受験資格に制限はないので誰でも受けることができます。

少なくとも参考図書の3冊は読まなければなりませんし、だからといって問題はこの図書から出題されるとは限らないようです。
幅広い知識も必要なようで、合格率は30%前後なのでまあまあ難しそうですね。

試験は年に数回あるようです。

さいごに

SDGsと書かれた積み木と目覚まし時計とペンを持った手

いかがでしたでしょうか。
今回はSDGsのお話でした。

筆者はこの記事を通して勉強をさせていただきました。
自分にはそんなに関係がないと思っていましたが、大きく関係がありますね。

所詮小さな個人ですから大きなことはできません。
ですがその小さな個人がたくさん集まれば大きな力になり、何かを救うことができるのかもしれません。
そんなことを考えさせられました。

最後までお読みいただきありがとうございました。




<参考資料>
「持続可能な開発目標 カラーホイールを含むSDGsロゴと17のアイコンの使用ガイドライン」

タイトルとURLをコピーしました